【フジロック9回目】私の雨具・服装遍歴まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:itsumiokayasu:20170814175537j:plain

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu)

フジロックに行ってきました。2年ぶり9回目。ついに10回も目前になってきたこのタイミングで、初のテント泊、関西からの車移動等々、新たなフジロックの扉を開いた年になりました。とにかく疲れた。

過去9回、こつこつと自分なりに研究を続けてきたフジロックでの雨対策の服装。お金のなかった大学生の時にゴアテックスのジャケットなんて買えなかったし、会社員になった今では何を追加したら快適かを考える日々。

これまで試行錯誤してきたなあ〜と会場を歩きながらぼんやり考えていたので、これを期に書き記しておきたいと思います。

貧乏学生期

そもそもチケットを買うお金がなかったので、ボランティアで参加していた時期。2007年〜2009年でしょうか。当時ボランティアに支給されるのはぺらっぺらのジャケット。雨が降ろうもんなら、すぐに浸水してくるものでした。

いいジャケットなんて買えなかった時期。私が雨対策で準備したのは以下の2つでした。

ホームセンターで売っているカッパ

f:id:itsumiokayasu:20170802193343j:plain

http://www.cainz.com/shop/g/g4547691703040/

カインズホームで買ったわけではないのですが、おそらく上記と同じようなものを購入。ビニールカッパよりは断然マシ。雨が降らなければ羽織にもなるシンプルなデザインなので、意外と重宝しました。ただ雨が強い、雨が降っている時間が長い(小雨でも)ともちろん浸水してきます。

ビニールカッパでもいいだろ!と思っている方がいれば、2000円程度で買えるので一度こちらもご検討ください。ビニールカッパより幾分か快適なはず。

デメリットとしては通気性が悪い、というところでしょうか。

ゴアテックス以外のカッパにはもちろん付きものですが、値段相応の通気性の悪さです。これを踏み台に、いいカッパほしいって思えるはず。

長靴


ATOM 田植用長靴 軽快ソフト みのる君 先丸 23㎝ 4600

彼の名は「みのる君」。田植え用の長靴です。ホームセンターで買いました。

2007年当時はまだ野鳥の会の長靴が今ほど普及していなかった時期で、長靴はHUNTERとか高級なものが台頭していたかと思うのですが、その中で一部の人が利用していると書いていた田植え用の長靴が安かったのですぐに飛びつきました。10年前は1000円くらいで買った記憶があるのですが、今は2000円前後するんですね……。とにかく軽い、薄くて持ち運びに便利。みのる君はとても重宝しました。軽い靴が好き!って人には絶対おすすめしたい長靴です。中敷2枚敷くとすごく快適に使えます。中敷は100均でオK。3年使って底に穴が空きました。

個人的に、女子はショートパンツ+レギンス+みのる君をくるぶしあたりでくしゅっとさせて履いてれば、やっすい長靴よりかはしゅっとして見えるはず……と思っています。

フリーター期

学生の頃よりは少しだけ収入が増えたので雨対策の服装を見直したのはこの時期です。

ミズノのレインウェア

(ミズノ) MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ [レディース] A2JG4C01 64 ピンク S

そりゃあかっこよくTHE NORTH FACEのジャケットとか着たかったけど、レインウェアに3万とか出せるわけもなく。駆け込んだ茨城の片田舎のスポーツショップで、セールで投げ売りされていたミズノのウェア(正規品で上下1万くらい、セールだったので7千円くらいで買えたと思う)を購入。これが思ったよりよかったわけです。

ズボンに関しては今でも現役で、ジャケットは母が今でも使っています。

かっこいいウェアを買うほどお金がない…という人、ミズノは安くて質もよいですよ。ゴアテクスほどではないですが、ホームセンターのカッパに比べたら撥水性は桁違い。少しお金かけてもいいかも…と思った人にはオススメです。

野鳥の会の長靴

f:id:itsumiokayasu:20170802200502j:plain

https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%81%AE%E4%BC%9A-Wild-Bird-Society-Japan/dp/B007V00CV4/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1501671766&sr=8-3&keywords=%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%81%AE%E4%BC%9A+%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84

今でも使っています、野鳥の会の長靴。いっぱい記事が出回っていると思うので、特記事項は特にありません。

ゴアテックスの帽子

 


(モンベル) mont-bell GORE-TEX® クラッシャーハット Men’s 1128512 BK ブラック M

 

ウェアを購入した翌年にゴアテックスの帽子を購入。4000円くらいで買えます。

フジロックの装備って、一度に揃えると高額でうげーってなるけど、各年に少しずつ揃えていく分にはそんなに負担にならないなあと最近思います。初めて行く人も、きっと来年も行きたくなるので焦らず、ゆっくり装備は集めたらいいと思う。

帽子だけゴアテックスにしたのは、

・意外と安いから(ウェア揃えると何万もするけど、帽子だけなら数千円)

・頭が濡れないだけで不快度指数が全然違うから

高いウェア購入に躊躇している人がいたら、帽子だけでもゴアテックスのものを購入することをオススメしたい。

安定の会社員期

そして今。人生の中で一番収入が安定している今。かれこれ9年の試行錯誤で増えてきた雨具に、買い足しを繰り返して、快適なフジロックを模索し続けています。

コロンビアのジャケット

www.columbiasports.co.jp

ジャケットはコロンビアのものを使っています。十分快適です。

ポンチョ

f:id:itsumiokayasu:20170814180005j:plain

【楽天市場】【11%OFFクーポン配布】DANKE ダンケ レインポンチョ ライトブルー ストライプ レインケープ rain cape (dwz-6-18) レインコート かっぱ 雨具 レジャーシート レディース メンズ アウトドア おしゃれ 自転車 ポンチョ 防水 撥水加工 楽天:URBENE JEANS&CASUAL アーベン

自転車通勤で、ポンチョほしいなあと思った時に、衝動的に雑貨屋で買ったポンチョ。ゴアテックスとか、撥水素材か否かなんて、確認せずに買ったポンチョ。今年ジャケットの上から羽織って使いました。

ジャケット⇒リュック⇒ポンチョで大体の雨を快適にしのげることを確認しました。ジャケットの上にさらに一枚重ねるだけで浸水をこんなにも防げるとは。(当たり前すぎる)来年以降フジロックに行くときも必ずこの2重装備で臨もうと思います。ポンチョは安いものでも十分だと思います。

モンベルのウォーキングソックス

f:id:itsumiokayasu:20170814180427j:plain

モンベル | オンラインショップ | WIC.ウォーキングソックス Women’s

雨具が一式揃ってきたらそれ以外の部分を快適にしたくなってきます。私は底の薄い長靴を履いているせいで足がとにかく疲れるので、靴下を新調しました。トレッキング用だと分厚すぎて日常で使いにくいので、ひとまずはウォーキング用で…。これでも十分効果はあると思います。

今年は久々にフジロックらしい雨が降り続きましたが、追加装備のおかげでかなり快適に過ごせました。

今年は初参加の友達とフジロックに行ったこともあり、改めて自分の装備遍歴を振り返るいい機会にもなりました。ちょっと調べると立派な装備を推奨するサイトばかり上がってきて、初めて行く人はそれだけで尻込みしてしまうよなあと思ったのがまとめたきっかけです。(もちろん金をかければかけただけ、快適なフジロックになることは間違いないのだけれども……)

チケ代だけで精一杯なんて人も、工夫一つでフジロックを快適に過ごせるようになるんだよ、ってことが伝われば幸いです。100均の雨がっぱより少し快適に過ごせる人が増えることを祈っています。

最後に今年のフジロックの写真を。

f:id:itsumiokayasu:20170814181616j:plain

セーラー服コスプレ外人。可愛くて思わず話しかけてしまった。

f:id:itsumiokayasu:20170814181626j:plain

オレンジコートの夜

f:id:itsumiokayasu:20170814181627j:plain

きらきらしてたとこ

f:id:itsumiokayasu:20170814181630j:plain

ごんちゃん色強めな2017

f:id:itsumiokayasu:20170814181659j:plain

3日目の朝。唯一の晴れ間

f:id:itsumiokayasu:20170814181716j:plain

ハイジカレー、金曜の朝は並ばずに買えた。普通のカレーが一番うまいよね。

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください! → @itsumiokayasu

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら → http://kyoto-antenna.com/author/itsumiokayasu/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加