フィルムカメラをOLYMPUS OM-1ではじめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、岡安です。(@itsumiokayasu

つい先日、フィルムカメラを買って、フィルム写真を撮り始めました。

流行りに乗っているだけ?

フィルムをやっている人は周りにたくさんいるのと、写るんですをはじめとしたフィルムが流行っているのも百も承知。今フィルムを始めるということは「流行りに乗っているだけ」という認識もありますが、なんかもはやそれでもいいのではないかと思ったので、フィルムカメラを買いました。それでもいい、と思えたほど、自分の写真スキルをあげたいと本気で思うようになったし、フィルムの重さが、その気持ちにいい影響を与えてくれると思ったので踏み出してみました。

OLYMPUSOM-1

いざフィルムを始めようとしても、尊敬するカメラマンの方々はいいカメラを使っているので

  • 手に入りにくい
  • 高い

ものばかり。中古カメラ屋を覗いても、自分の気持ちや予算にしっくりくるものがなかなかなかったのですが、そこで私はOLYMPUSOM-1というカメラを手にしました。

なぜOM-1

ネットで調べた限りでは、NikonのFM2を購入するつもりでいました。

写真学校の新入生によく「1台目のカメラ」として選ばれています。

ニコン New FM2 初心者におすすめのフィルムカメラ:カメラアーカイブ:カメラファン | 中古カメラ・レンズ検索サイト/欲しい中古カメラが見つかる!

という記事をいくつか見つけ、フィルムを始める自分にはきっとFM2がいいのではないかと思っていました。普段Nikonユーザーだし。中古の市場を調べてみると、FM2は3万前後で販売されていたので「許容範囲」かな、と思ったのが、FM2を買おうとしていた理由です。

今回中古のフィルムカメラを購入するにあたり、中古買取をしている某カメラ屋チェーンの社員さんに相談。なぜフィルムを始めたいか、の理由として

  • デジタル一眼レフのオート機能に頼ってきたから自分でしっかり写真を撮れるようになりたい
  • マニュアル操作を極めたい

という2点をお伝えしました。またそういった理由からもFM2の購入を検討していることも合わせて話したところ、

OLYMPUS  OM-1を勧めてもらいました。

f:id:itsumiokayasu:20180112221535j:plain

OLYMPUSといえばPENシリーズというイメージが自分の中では先行していて、今まで手にしようとも思ったことがないブランド。この機体を見せてもらった時には、逆にわくわく感が募りました。OLYMPUSってどんな写りなんだろう…!なんて良い見た目なんだろう…!つまり、一目惚れ。紹介してもらったものの、これが欲しい!と思うのにも時間はかかりませんでした。

OM-1を紹介してもらった方に「なぜOM-1なのか?」と理由を聞いたところ、

  • 機械式のマニュアルカメラなので、マニュアル操作を体得できる
  • 女性が扱いやすいサイズと重さのカメラ
  • 見た目的にも女性に気に入ってもらえそう

とのことでした。どんぴしゃです。本当にありがとうございます、の一言につきます。

機体に合わせてマニュアルのレンズをつけてもらったので、完全なるマニュアル機を手にしました…!私に扱えるものなのかと緊張しております。

操作簡単、シャッターを押した感じも最高

選んでくれた方に操作方法を教わりながら、実際に撮影の練習をぼちぼち開始しております。操作は一度覚えたら簡単。設定が全てマニュアルなので、ひとつひとつの被写体に対してじっくり取り組めている感覚自体が新鮮で、デジタル並みの速度でフィルムを消費しながら練習しています。(そのうち教わった操作HOW TOのようなものも、記事にしたいなと思ってます)

f:id:itsumiokayasu:20180114215144j:plain

練習中の写真

電池がなくても動く機械式のカメラなのですが、シャッターを押した感覚も、デジタルとは違った良さがあります。フィルムは1枚1枚の重さが(現像代とかを思うと)あると思っていたのですが、OM-1を勧めていただた方に「初めはとにかく撮るべき、フィルム10本なんてすぐになくなる」と言われたこともあり、慣れるためにもなんともない風景をたくさん撮っています。シャッターを切ったときにカションと音が鳴るのも、シャッターを押した感覚もすごく気持ちよいです。

写真を撮ったらモニタで確認する癖があるのですが、フィルムカメラでも同じ仕草をしてしまうので、その都度恥ずかしくなるのは内緒です。なんにしろ、慣れが必要だと思っているので費用は惜しまずどんどんやっていこうと思って、シャッターを切りまくっています。楽しい。

結局OM-1ってどうなん?

撮っているときの楽しさ、現像した後の色味も含めて大満足の1台に巡り会えた感覚があります。

f:id:itsumiokayasu:20180114215826j:plain

キューバ帰りで日本食のうまさをかみしめている人

カメラの露光計任せで諸々の設定値を決めて撮った写真ですが、色味も影の感じも好みな感じ。フィルムの風合いってやっぱりいいな〜〜と思ったし、この感覚をデジタルでもきちんと昇華したいと思いました。フィルムの色味の構造を感覚的に、とロジカルに自分に叩き込みたい。

ちなみに、今回私はレンズ込み1.3万でこのOM-1を購入できました。FM2は倍の値段で流通しているので、値段にも大満足…!完璧な1台となりました。

写真上手になりたい

すべてはここに帰結しているので、今年一年も写真頑張ろうと思います。フィルム始めたいな〜と思っている方、Contax AriaもPentax67も確かにいいけれど、OLYMPUSOM-1という手もありますよ!手軽に、まずフィルムを楽しむところから始められればいなと私自身も思っているので、もしフィルムカメラの購入を悩まれている方がいれば、参考になったらよいなと思ったのでこの記事を書きました。OM-1仲間、増えたら良いな…!

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら

kyoto-antenna.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加