今年もSXSWに行ってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:itsumiokayasu:20180309131328j:plain

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu

伊丹空港でこの記事を書いています。タイトル通り、今年もSXSWに行くためです。すでにSXSW関連の情報を処理しきれず、諦め気味です。未読のプレスメールは150件ほど、今日も朝メールを開いたら30件くらい追加でメールがきていて、乗り換えのちょっとした時間に処理していこう、と思っています。(できるかな…)

 昨年2017年に参加したときは、「取材許可が出なくてもとりあえずオースティンに行こう」とアンテナ編集長・堤と話していて、2016年の秋頃から準備をしていました。取材申請は一応出しておく、多分通らないよね…なんて話をしていたのが2016年の冬頃。年が明けていよいよ、っていうタイミングで「approval」という件名のメールがSXSWから届いた時には少しだけ涙が出てきたほど嬉しかったのをよく覚えています。(仕事中だったのに)

(気持ちの高揚を抑えきれず、下記の記事を書いて去年は取材に臨みました)

kyoto-antenna.com

渡米1ヶ月前、と結構ギリギリのタイミングで取材に切り替わったので、準備もとにかくばたばたでした。それに比べたら、今年はかなり優雅に今日を迎えられたと思っています。取材申請許可は昨年8月に済ませ、そのままSXSW経由でダウンタウンのホテルを予約。念願の徒歩圏内滞在が叶って本当に嬉しい。去年は移動に体力を使って最終日はヘトヘトだったので、今年は最後まで力を残して取材に臨みたいと思っています。

 

なんで今年も行くのか、自分の中でも少し整理しておきたいと思います。

昨年SXSWに参加して、世界の音楽業界の流れのようなものを肌で感じました。本当に流行や情報収集の目が世界に向いていなかったことをはっきりと痛感させられた、というか。世界のメディアやレーベル、イベンターたちがどこに目を向けているのかが初めてわかった去年でした。今年も取材方法としては、メディアのショーケースは押さえて、他は気になるイベントベースで取材を進める予定。気になるアーティストもたくさんいるのでそちらもマストで。あと、今年は好きな会場も回る!2011年にthe dodosを見たParishに今年は行けそうで、今から楽しみです。

 

去年は久々すぎて、手帳にメモりながら取材日程を組むという超アナログな手法で取材をしていたのですが、今年はかなりアプリにお世話になっています。SXSW公式の『SXSW GO』、アンオフィシャルのイベントについては多くのイベントが『DoStuff』もしくは『Eventbrite』で予約受付をしているのでインストール。この手のツールが浸透しているのもすごくいいなあと思っています。日本(というか日本の地方)ではイベントの数が多くないので、こういったサービスはそんなに需要がないから使う機会はないかと思うのですが…これは本当に便利。『SXSW GO』に関してはiCalのデータを吐き出してくれるので、最終的には一つのカレンダーで管理できるのもすごく良いと思う…。

f:id:itsumiokayasu:20180309130711j:image

死にかけのiCal

 

今年は取材中、できればデイリーで、無理そうなら2日にいっぺんくらいは滞在中のレポートをアンテナであげる予定です。帰ってきてから、上で書いたようなホテルのことや使ったアプリのこととかを見やすくまとめたり、写真を出したりできればと思っています。

 

それでは、今年もタイムラインでひとり騒いているかと思いますが、生暖かい目で見守っていただければ幸いです!(情報提供もお待ちしてます!)

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら

kyoto-antenna.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加