日記

2018年と30歳

こんばんは、岡安です。(@itsumiokayasu

昭和最後の大晦日に生まれて、平成最後の大晦日を迎えて、今日30歳になりました。新年ではなくて、私にとっては大晦日が一年の節目なので毎年ブログでざっとその年の振り返りをしています。今年で3回目。続けると自分がどんな経過を辿ってきたかわかって面白いですね。これからも続けようと思います。

続きを読む

好きなバンドが解散するって言っても、後悔しないように

f:id:itsumiokayasu:20180718142448j:plain

普段からいろんなバンドを見に行っていれば、仮にそのバンドが解散するとなっても、メンバーが抜けるとしても、誰かが亡くなる場合でも、後悔は少ない。それはバンドだけじゃなくて、フェスでも、演劇でも、もうありとあらゆるものが当てはまると思う。

バンド側からアクションを起こされた時に「ちゃんと見ておけばよかった」とか「好きだったのに」とか、できることなら言いたくない。

続きを読む

そのあと、とこれから

f:id:itsumiokayasu:20180131225825j:image

1日30分程度、を意識して文章を書きたいと思っている。なんでかというと、とにかく書けなくなるから。文章も写真も、運動と一緒で繰り返し経験値をあげてくことでしか上達もしないし、書くことに慣れることもない。国語の文法が苦手だった(ゆえに今でも言語への苦手意識が強い)私がこうやって文章を書いて人に何かを伝えるのは、自分からしたら少し滑稽ではあるけど、自分に残された少ない手段として大切にしていきたいと思っていて、だから書くことを続けている。

(ただし、文章を書きたいという気持ちが出てくるのは、仕事でメールばっかり書いていない日に限る)

続きを読む

整える

f:id:itsumiokayasu:20180129125037j:plain

身の回りを整えないといけない状況に差し掛かっています。

目の前には予想もしてなかった壁がいくつも立ちはだかって、壁の目の前でうーんと考える日々。あれとこれを整えて、こっちを綺麗にしておけばクリアできる!よっしゃ!と壁を勢いよくぶち破ったら、目の前にはさっきのより少しだけ高い壁が出てきたり。人生ってそんなに甘くないことはわかってるけど、思ってたよりも面倒で手間がかかるなあと思う最近です。(明確にかける時が来たら、書きたいと思ってます。もう少しどうなるかわからない状況です)

続きを読む

2.5日の親孝行

23歳になってすぐ、私は実家を出て京都へ引っ越した。忘れもしない閏年の2月29日、もうすぐそこまで春がきているというのに、その日は雪がしんしんと降る夜。23年間住んだ家の荷物を、キャリーケース1つと30リットルのバックパックに収まる量にまで減らし、雪の中地元の駅まで1人で歩いた。反対され続けた一人暮らしで、もちろん見送りはなし。妹からもらったキャリーケースは新宿でタイヤが壊れて、半べそかきながら夜行バスに乗り込み、泥のように眠った。起きたら、京都での生活が始まる。夢とか、希望とか、憧れは一切はなくて、「とにかく必死の思いで京都へ逃げてきた」。そんな言い方が私の“上京”にはぴったりだった。

続きを読む

2017年と29歳

f:id:itsumiokayasu:20171231204101j:plain

こんばんは、岡安です。(@itsumiokayasu

ブログも、原稿を書くのに使っているEvernoteも下書きだらけで、年を納めるという感覚がありません。こんな大晦日初めてかもしれない。

大晦日、誕生日です。29歳になりました。今日ふと、大晦日が誕生日ということは1年の区切りが暦と同じ、それって楽でいいなと思っていました。この時期になるとまるっとその歳と年を総括するのは、小さい頃からの習慣です。というわけで今年を振り返りたいと思います。

続きを読む

旅も目的

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu

突然ですが私は4人兄弟の3番目です。兄が2人と、妹が1人います。そんな家庭で育ったこともあり、旅行が自分にはなじみがありません。(数少ない旅行は、幼少期のものでもかなり鮮明に覚えているほどです)どこで騒ぎ出すかわからない子供を4人も連れてどこかに行くなんて、難しいですよねそりゃ。大人になってやっと自分の家が遠出いない理由がよく分かった気がします。

その反動、でもないのですが、30を目の前にしてぴょいっといろんなところに行くようになりました。振り返ると今年に入ってからコンスタントに旅行に出ているなあと。年明けの台湾、3月には久々のオースティン、5月には香川~瀬戸内の島を駆け巡り、その後6月には琵琶湖の島もめぐりました。(仕事でなんですけど、やっぱそういう仕事最高ですね)

夏は苗場に始まり、能登沿線の山のてっぺんでの撮影が続き、

f:id:itsumiokayasu:20171013200836j:plain

そこから三田で自然の空気と音楽にたっぷりと触れて、

f:id:itsumiokayasu:20171013200837j:plain

翌日は妙見山へ乗り込み、(▼おしの先生と取材で、おしの先生を隠し撮りしたもの)

f:id:itsumiokayasu:20171013200838j:plain

f:id:itsumiokayasu:20171013200840j:plain

気が付けば香港行きの飛行機に飛び乗って4日間を過ごす。

f:id:itsumiokayasu:20171013200835j:plain

1人になると考えることも増えるので、いつもより頭を使った香港滞在からふらふらと帰ってきたかと思えば、サンダーバードに飛び乗って金沢へ。見たことのない金沢の景色に感化されつつ、

f:id:itsumiokayasu:20171013200832j:plain

その翌週はフリーとは思えないメンツが集まる伊丹のフェスに行ったりしていました。

f:id:itsumiokayasu:20171013201213j:plain

こんな仕事している人たくさんいるかと思いますが、歳をとるにつれて家が好きになってきている私にとっては、先週末までの旅は目まぐるしいものでした。頭の中での処理が追いつかないほど日々に追われていたので、インスタやブログの更新がまちまちになっていました。やっとブログ書けるくらいの余裕が出てきたので、日記を書いています。しばらくは京都でぼんやりしたいな、なんて思う。バランスって大事ですよね。おかげで風邪を引きました。

特に8月末からの怒涛の週末旅の影響で、毎日加圧靴下履いて寝ても筋肉痛が治らない、すごい肩凝りになるなど弊害も出始めております。身体のメンテナンスについて、考えなければならない歳になったなあと思います。

旅について、思いをめぐらせたのはこの記事がきっかけです。

ontrip.jal.co.jp

旅自体が目的になることはない、ってこの記事を読んで気が付きました。

目的のない旅はやはり物足りなさを感じるし、旅をしているのに何が足りないのだろう?と思っていた時期もあったので、すごく腑に落ちた内容でした。この夏の旅も、香港を除けばすべて行く先々に仕事があって、それが仕事になっていたわけで。

マイルが貯まっていて、来月1500マイル失効するという連絡がきたので、またどこかに行ってこようかと思っています。下調べをしすぎず、自分の嗅覚に頼る旅を、久々にしようかと思います。

その前に香港日記書かなければ。

「写真忙しそうだよね、カメラマンとして独立しないの?」に対する私の答え。

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu

気が付いたら9月が終わっていて、驚きが隠せないです。今年もあと2ヶ月…もうすぐで29歳になるとか、冬が近づいているとか。季節の変わり目は妙な焦燥感がありますね。

自分の記事に着手できてなさすぎるので、ここにまとめますが8月~9月は撮影でバタバタしっぱなしでした。また、おかげさまで年内の週末は撮影の予定埋まりそうです。(11月は少し空いてます)(平日は動けます!)写真展やったり、本を作ったりしたいのでスケジュールを調整しないとな…と思うのですが、自分のことが常に後回しになっている状況。そこらへんを年末までに調整したいなと思っています。

さて、先週末はアー写を撮ったAmia Calvaのレコ発がありました。いろいろと縁があってアー写を撮影させてもらった3バンドが集まった日。

f:id:itsumiokayasu:20171005181918j:plain

京都を中心とした西日本界隈で音楽と関わり続けるためにはどうしたら良いのか、私は今その方法を探っている過程にあります。

私の好きなバンド界隈を追いかけているカメラマンが不思議といなかったのでいろんなバンドを撮影できているのですが、心底ラッキーでタイミングがよかったなと最近よく思います。先輩カメラマンに、ちょうど空いてた席にすっと座れたよね、と言われてそれがすごく腑に落ちている感じです。あーほんと今京都いてよかった。

よく「写真忙しそうだよね、カメラマンとして独立しないの?」と聞かれるのですが、私が撮りたいのは、私がかっこいいと思うミュージシャンやパフォーマー、アーティスト、あとは私が面白そうと思うもののみなわけで。今のところ商業カメラマンは向いていないかな…と思ってます。自分が撮りたいもの、したいことは平日夜と、土日があれば今のところ事足りているので独立するという選択肢は今のところない感じです。

カメラマンであるためには、カメラを揃えることはもちろん、周辺機器を揃えるのもお金がかかります。そのへんを考えたら独立なんて、到底無理だと思うわけです。(経理の経験があるので、そこらへん余計に)

ヨッピーさんの記事とか読んで、そんな考え方に自信持つようになりました。もし独立するなら今の年収くらい稼げるようになってからでも全然遅くないとはおもってます。

https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/yoppy-tsuribori?utm_term=.ihZM3pmLR#.dyadNpWqn

このまま自分のかっこいいや、面白いを貫いて、それが仕事になったら嬉しい。それが私の目指すところです。そういうお誘いをいただいたら俊敏に対応しますので、お声かけしてもらえたら嬉しいです。

Amia Calvaの企画から、だいぶ話が離れましたが…ようは私が撮ったこの3バンドはかっこよかったということです。私がアー写を担当しているバンドは良いバンドばかりなので、ぜひチェックして欲しいです。

この日の写真も撮ったので、またどこかでアップしたいと思っています。

明日は金沢。先月も行って、今月も!楽しみです。

それでは!

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら

kyoto-antenna.com