好きなバンドが解散するって言っても、後悔しないように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:itsumiokayasu:20180718142448j:plain

普段からいろんなバンドを見に行っていれば、仮にそのバンドが解散するとなっても、メンバーが抜けるとしても、誰かが亡くなる場合でも、後悔は少ない。それはバンドだけじゃなくて、フェスでも、演劇でも、もうありとあらゆるものが当てはまると思う。

バンド側からアクションを起こされた時に「ちゃんと見ておけばよかった」とか「好きだったのに」とか、できることなら言いたくない。

今日アメリカのバンドが解散を発表した。2017年に初めてライブを見たバンド。また見たいなと思っていたバンドだ。彼らの17年の歴史のうち、ほんの一瞬しか見ることができなかったけど、彼らに出会えたことでいろいろ私の中で変わった意識もあった。要するに私の中で大事なバンドだったことだけは、間違いない。

こうやって来日しないバンドを手軽に知れたり、海を越えて見にったりできていい時代にはなったけど、その分何かあったときには何もアクションができない。最後のEPを海外便でゲットするくらいか。もっと身軽に、海外に行けたらどれだけよかったか。後悔は口にしたくないと思いながら、そんなことを考えてしまうくらい朝から衝撃の走った出来事でした。写真でもっと海外行けるようにしよう、そういう方向に向かって行こう。うん。

そのバンドのことを唯一撮影できた写真を私のサイトにアップしました。ぜひご覧ください。

FAREWELL:Minus The Bear.

Shoot at SXSW2017.Still love you guys, thanks for the great memories.

http://itsumiokayasu.com/gallery/farewellminus-the-bear/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加