2018年と30歳

2018年12月31日

こんばんは、岡安です。(@itsumiokayasu

昭和最後の大晦日に生まれて、平成最後の大晦日を迎えて、今日30歳になりました。新年ではなくて、私にとっては大晦日が一年の節目なので毎年ブログでざっとその年の振り返りをしています。今年で3回目。続けると自分がどんな経過を辿ってきたかわかって面白いですね。これからも続けようと思います。

▼過去の一年の振り返り日記はこちら

写真で頑張ってみよう、と踏み出した2018年


今年の頭にウェブディレクターをやめよう、と上司に相談し、3月に退社。4月から社カメになりました。ここまで会社員として稼ぎながらちょこちょこお金をもらって写真を撮ってきていました。2016年くらいからその兆候があって、加速したのが2017年。これまでの人生で自分のスキルを必要とされた試しがなかったので、少し舞い上がった気持ちがあったのは否めませんが、30歳を前に動いてみよう、と思って働く業界自体を変えてみました。

ここ数年間のウェブの仕事で蓄積された肩こり腰痛等々がなくなり、ウェブのトレンドからは置いていかれる毎日。写真を撮るどころか、結婚式の前撮り撮影の契約を取ることばっかり上手くなっていていく半年でした。写真のことを考えて生きている人たちや、ギャル(メイクさん)などと触れ合ってすごく新鮮な半年間でした。入社当初はドキドキしていましたが、辞める時のメンバーはほんわかしていてすごく過ごしやすかったです。一般の人が必要とする写真、販売する写真を理解して、レタッチやスタジオワークなどの基礎技術を習得できたことは本当によかったと思っています。

そして10月よりフリーランスに。

ブログを書いたことできちんと自分が今何をやっているか伝えられたし、おかげさまでちょこちょこ依頼をいただけるようになりました。主に編集の方やライターさんにお世話になっているのですが、その方々が『岡安を』とアサインしてくれることが本当に嬉しくて。自分のスキルがが人の役に立つことを実感できる喜びの重さがフリーランスになって確かなものになったのと、時間の融通がきくこと、この二つが本当にフリーになってよかったなと思えることです。収入面に関する不安は拭えないですが、この働き方は思ったより自分に向いているなあと思っています。

アンテナ2018

社カメの時にほとんど動けなかったなというのが今年の反省ですが、書いた記事、関わった記事をリンクで振り返ります。

インタビュー

インタビュー記事は5本担当。基本的に私がインタビューするときは企画、インタビュー、写真、編集を一人でやります。今年少なかったなと思いましたが、きちんと意味や意義を持って臨んだ取材ばかりでした。そして今年は演劇関連が3本。ソノノチの中谷さん、VOGAの近藤さんなど繋がりはあったけどアンテナで形にできていなかった取材を今年はやっとできました。おかげさまで舞台芸術周りの方からお問い合わせが増えて、ここから少しずつ舞台芸術系記事も増やしていければと思っています。


https://kyoto-antenna.com/post-24772/

レポート、コラム

こちらも5本。アンテナでPeelanderの記事を久々に書いたのですが、ずっと追いかけているバンドのことを書き続けられるのは幸せだなと改めて思いました。あとはアジアフェス記事もやっと着手できて本当によかった!協力してくれたライターの杢谷さんには感謝しかないです。来年9月に中国フェス行く約束しました。今から楽しみです。

写真

今年はカメラマンになる!と言ってた一年だったのでアンテナでもとにかくカメラマンとして動きました。今年のボロ記事はカメラマンとしても気合い入れて臨みました。ベスト写真は悩みますが、tricot、GEZAN、KONCOSあたりは気に入っています。自分自身の仕事のベースになっているインタビューカットの撮影、イベント風景の撮影、ライブ写真はアンテナでの仕事を見ていただければどんな感じか伝わるかと思います。

眉村ちあき、打首獄門同好会担当

King gnu、ニトロデイ担当

Crispy Camera Club、折坂悠太、MOROHA担当

アイアムアイ、OGRE YOU ASSHOLE担当

tricot担当

2担当

The Chorizo Vibes、KONCOS担当

And Summer Club、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、imai(group_inou)、ゆーきゃんカラス・クインテット、おとぼけビ〜バ〜担当

清竜人、GEZAN、SuiseiNoboAz担当

サニーデイ・サービス担当

本日休演担当

編集・写真

アー写も撮らせてもらったthe coopeez。初めて撮らせてもらってから3年くらい経って見た時にその変化には驚かずにはいられずにインタビューをセッティングしました。Vo藤本さんの「このバンドが僕だけの持ち物ではないという感覚が年々増しているんですかね。」という言葉が、クーピーズのこれから先の無限の可能性を示してくれた記事になりました。来年もまた撮らせてもらいたいなあ。ライティングは家ガール。丁寧な仕事をしてくれる信頼できるライターです。

the coopeezのライブ写真も撮りました。下の画像がお気に入りだったりします。

http://itsumiokayasu.com/gallery/180804_coopeez/

部活始めたりしました。

夏くらいに『京都写真部』という部活を始めました。気のいい仲間が10人くらいでわいわい写真を撮る会です。仲良しサークルで終わりにする気はないので、何人かはアンテナでライブ写真を撮り始めて、写真部のときには見れなかった必死な姿を見せてくれました。ライブ写真始めた子達が次どうステップを踏んでいくか、その辺の助走もできればなとは思っているんですがなかなか難しいです。来年はそこらへんも助力できたらな、と。あとは写真部での展示、ZINE作成なんかも引き続き目標として活動は続けていければと思っています。

 

View this post on Instagram

 

京都写真部、今年最後のフォトウォークをしてきました。とにかく写真部の仲間たちと出会えて最高に楽しめた今年でした!遊んで、飲んで、たまに真剣に撮影もして、ガチで取材もして。夏に発足した部活だけど、5年くらいみんなと一緒にいる気分だ…。これからも楽しく、本気で、写真をやっていけたらと思います。当日の写真は後日noteとかでも出せたらいいな。タグがすごい数になった。 ・ ・ ・ #ig_japan #ig_portrait#team#igersjp_jp_portrait #tokyocameraclub#phos_japan #portraitmood#portraitpage #portraitphotography#excellent_portraits #art_of_japan_ #bestjapanpics#splendid_people #indy_photolife#light_nikon #東京カメラ部 #東京カメラガールズ #ポートレート好きな人と繋がりたい #撮影依頼募集中 #good_portrait_world#kyoto_photo_club #京都写真部 #京都アンテナ

Itsumi Okayasuさん(@itsumiokayasu)がシェアした投稿 –

フォトグラファー岡安いつ美の2018

ONE MUSIC CAMP

今年もONEで撮らせてもらいました!川谷絵音さんに写真をアップしてもらって小さなバズりを経験した良い撮影となりました。個人的にはバンバンと再会できてよかったONEでした!

 

View this post on Instagram

 

台湾のfrecklesを撮りました!バンバンのことは何度も撮らせてもらっているけど、年々綺麗になっていくし、可愛くなっていくし、撮っててどこまでも飽きない撮り続けたい友達の1人です。 j-popへの愛情と、台湾風シティポップがうまく混ざり合った日本にはいそうでいないバンドです。りんご音楽祭にも出るので行かれる方はぜひとも! ・ ・ ・ #Repost @onemusiccamp with @get_repost ・・・ 【 雀斑freckles 】 ONE MUSIC CAMP 2018 Artist Photo Photo by @itsumiokayasu #ONEMUSICCAMP2018 #ONEMUSICCAMP #雀斑freckles #雀斑樂團 #雀斑 ・ ・ ・ #hueart_life#pursuitofportraits #discoverportrait#portraitsfromtheworld #aovportraits#creative_portraits#bestphotogram_portraits #profile_vision#majestic_people #match_portrait#pasha_magazine #impression_shot#ig_world_colors #photooftheday#ig_photooftheday #humanedge#igw_portraits #portraits_shot#top_portraits #tv_moods #moody_tones#colors_of_day #daily_photo_jpn#closeup_archive

Itsumi Okayasuさん(@itsumiokayasu)がシェアした投稿 –

ChillOutersインタビュー撮影

編集とイベントの会社・ツドイの今井さんと松田さんには今年とてもお世話になりました。載せられる事例がこちらのインタビュー記事。編集はツドイ、ライターは土門さんでした!

アーティスト写真

SIRMO STAD

極寒の千葉県で、ダウンを脱がせて撮影しました。地平線に夕日が沈むのを震えながらぶんさまと見たのはいい思い出です。今のサーモの写真を撮らせてもらったこと、本当に光栄でした。来年も撮らせてもらう。

MVのアートディレクションをアンテナの堤さんが担当。アンテナでアートワーク系をやらせてもらった良い実例にもなりました。

unizzz…

デザインに小林誠太さんを迎えて行ったunizzz…のアー写作成。ただ写真を撮るだけじゃなくて、こういうディレクション作業も請負えます。京都に来た頃からの付き合いである塚崎に依頼をもらえたことが純粋に嬉しい撮影でした。

シゼンカイノオキテ

びっくり嬉しい依頼だったシゼンカイのアー写撮影。シゼンカイも京都に来た頃から見ていたバンドで、純粋にかっこよくて好きだと思っていたバンドから依頼がもらえることがどんだけありがたいことか、を噛み締めていた撮影でした。撮影後飲みに連れて行ってもらったのもよい思い出です。

シイオカ写真館

そして今年忘れられない出来事の一つとして外せないのがシイオカ写真館の存在。画家の椎木彩子さんにお誘いいただいて行ったポートレートイベントはすごく刺激のあるイベントでした。toCの撮影って本当にむずかしいんですが、現場でお褒めの言葉をもらえたり、「もう一枚撮る!」と言ってもらえたり嬉しいことがたくさんありました。

京都でもポートレートイベント目論みたいので、そろそろ計画を始めようかと思います。

ライブ写真ワークショップ

そして忘れてはいけない出来事がもう一つ……それはライブ写真ワークショップでした。自分に『人に教える』という需要があることを認識できたことと、ライブ写真の奥深さを再認識した1日でした。今後の課題と展望はブログにまとめています。これも一回で辞めるのは絶対にもったいないから2回目を開催したい所存です。ワークショップやらせてくれるアーティストさん募集したい。

もちろんここに出せない仕事もたくさんしていましたが、改めて写真に注力できた29歳だったなと思います。アメリカ×2回、香港、台湾と海外にもふらふら行けたのもよかったな。

30歳フェーズのスタートです。

今日30歳になりました。自分の名前で仕事をすることへの責任が心地よくて、仕事をしている実感がこの歳になって得られるようになりました。会社員をしていたことはいい経験だったし、会社員でその責任を全うできる人がほとんどだけど、私はより自分の手で感じられる達成感が欲しかったんだなあとこの一年を振り返って思います。自分の仕事を他の人にこんな長い記事作ってシェアしたくなるとは昔は思ってなかったんですよね。出してはいるけど、自分の技量のなさからアウトプットのひとつひとつにとにかく自信がなかった。でもそれを続けてきてやっと人に見せたい記事も、写真も作れるようになったし、20代を牛歩だけどきちんと進んで来れたなと思いました。

30代のフェーズでは、写真の仕事を増やしながら場所を作りたいなと思っています。最近人にぽろっと喋った頭の中の片隅にあったアイディアが結構しっくりきていて、そこに向かっていくんだろうなとぼんやり考えています。アンテナと私の写真の仕事、それをもっと多くの人に開いた場所で行うためにやっぱリアルな場所は必要だなと。いつできるかはもちろんわからないですし、とりあえず今はフォトグラファーとしての個人スキルをアップする段階なので、そこらへんをがつがつ頑張っていこうと思います。1月末には、すごく好きなカメラマンさんのアシスタントとしてインドへ。そして3月には再びオースティンへ旅立つ予定です。海外での滞在についても、何かにまとめたいなと常々思っているのですが、そこらへんはゆっくり進めていこうと思います。

30歳に早くなりたいと思ってました。よちよち歩きのまま、やっとスタートラインに立てた気分。写真にアンテナにますます頑張っていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

◼︎instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!
https://www.instagram.com/itsumiokayasu

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら
https://kyoto-antenna.com/author/itsumiokayasu/